FC2ブログ
三十路の富士登山 Part1 【8月28日】
超事後報告になりましたこれが、デーヒー的、29、30の節目報告です!!ちょっと、ダラーーっとなりますがお付き合いを~。

ソウなんです。わたくし、森崎、今年2007年でめでたく30歳となりました。微妙に

鎌倉あたりの寺で、こもって座禅とも考えましたが、いまひとつスペシャリティーが感じられず。新幹線、飛行機、麓から、見る機会はあったものの、未だ一回も挑戦したことのなかった富士山、登ってきました!!====================================================

新宿からハイウェイバスで一気に5合目まで乗り入れ。高山病予防の為、到着から出発までの間1時間ほどゆっくり休憩。飯なんか食べーの、散歩してたりしーので出発に備え、準備ヴァンタン☆
20070829fuji1.jpg



5合目売店前集合!!この人は、今回うちらのパーティーの先導者。ぱっと見、俳優の「照英」に似てたので、うちらの間では、こそこそ「ショウエイ」と呼んでいました!!しっかし、黒い!!氏曰く、「昨日もガイドしてさっき降りてきたばかりです~。」って。筋金入りの「富士キチ」山男であった。
20070829fuji2.jpg



こんな感じで、出だしは、楽笑でした。とは言え、うちらのパーティーには、お年寄り夫婦もいたので、普通より沢山休憩を取ったようだった。若い人はガンガン登りがちなのだが、それって、高山病になりやすいのだとか、、、。これで休憩時の呼吸法もマスター。まさに、「先立ちあらまほしきことなり」だ。
20070829fuji3.jpg



6合目までは、楽々。この辺で、2人ずつのグループで登る事になった(安全確認の為の相方割り当てだ)。ここで、自分をはじめ、一人でこのツアーに参加した人たちと顔見知りになり、その後、「チーム一人旅」などと銘打ち、最後まで和気藹々の仲となった。
20070829fuji4.jpg



隊長が指す方向、そう、それが今夜僕らが泊まる場所。「8合目トモエ館」そしてそのさらに上が「9合目頂上」なのだとか。「到着は6時過ぎですね~。」って、ちょっとすぐ登れそうなのにな~。などとこの時点では思ってました。
20070829fuji5.jpg



はるばる登ってきたもんだ~。ゆっくり深呼吸をしながら、下を見下ろす。
20070829fuji6.jpg



7合目の手前から、だんだんと登山らしくなってきた。「これで、前が転んだら怖いな」なんて思いつつ、道は続く。
20070829fuji7.jpg



7合目到着。みんな口々にこそこそ、「もえ~」「もえ~」て小声で言っていた。「もうええ!!」って感じだった。んなんなんだか、流行好きの日本人どもめ!!と思いつつも、もうあと残すとこ1合って事です!!やった~!!大きく、「もえ~~!!!」(←って俺も?!)
20070829fuji8.jpg



ほら、こんなに登ってきました。徐々に雲とかが出てきて、正に山の天気という感じ。
20070829fuji9.jpg



険しさも徐々にレベルアップ。お年寄り夫婦は、奥さんの方がかなり高山病チックになっていて、見てるだけでも辛かった。休憩も岩肌にて。
20070829fuji10.jpg



我が熊本の誇り「阿蘇山」が、1592m/[ヒゴ(肥後)の国って覚えよう!!]だから、軽く倍の高さまで登ってきたってことだ。高けーーー!!
20070829fuji11.jpg



Come O~N !! 山梨県!!!どうなんよこの訳、、、「ねえドン、t(スモールティー)が ストレイト(物体かなんか?)に登るよ!!」って、何の会話~~!!!!爆笑。(※ネタに忠実になれば、“climbs”すね)。「コンマ」と「アポス」が違うって、日本語で言うところでは、差し詰め「半濁点」と「濁音」が違うって感じろうか??たとえば、「今日、サンボの途中で、バヂンゴに行ったよ、ドン」ってな感じかな?ありえね~~~!!ちなみに、卒業旅行で香港に行った時のカラオケで、スピッツの「ロビンソン」が「ロビソソソ」ってなっていたのを思い出した。あ、そそそそそーー。ま、おいといて。
20070829fuji12.jpg
※(whatに最上級はありません☆)


そんなこんなで、8合目山小屋トモエ館に到着。日もとっぷり暮れて、ショウエイ隊長の大予言どおり、6時過ぎの到着。ぼちぼち歩いたので、全くもって高山病にならず、カレーもおいしく食べました!!!(今晩は矯正に色が着くからって言わず食べちゃいました☆いま思えば20代最後のカレーだった!!くーーー。もえーーーー。)
20070829fuji13.jpg



今回、知り合った面々。シーズン終了間際で、人も多かったのだが、やはり平日には変わらず、けこう余裕ある方だったようだった。ピーク時は、足頭足頭足頭的な寝方で、さながら「奴隷船」のようだとか。しかも、「話がうるさくて寝れない」との一般的な悪評のような事もなく、8時の就寝から1時の起床まで、何とかそれなりに寝ることはできました。
20070829fuji14.jpg

link3.jpg


スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
お手柄!
ヒデ氏のブログを見つつ、
自分の思い出を噛み締める「漁夫の利」感がすごい。
さすがtogether more emotion=トモエ。
続きも楽しみにしてます^^
2007/09/17(月) 14:09:29 | URL | maru #0NjmJF4A[ 編集]
おっす!
maruちゃんさん
その節はどうも~。
つづきもお楽しみに~!!
よろしく☆
2007/09/18(火) 11:52:49 | URL | ヒデ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック