FC2ブログ
帰れる場所
見下ろせばなんてことない、人口3万人の小さな温泉町。
20091106.jpg
毎朝揉みくちゃにされながら電車に乗り、機械的に過ぎる東京の毎日では、この景色を思い出すことすらも無い。

この町で生まれ、この空、この水、この景色、で育ったと、改めて確認できた気がした。

生まれた町の人々に、学生時代の友達に、今回節目の報告を。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック